選句・夏野菜酔いに添うする鉢一つ

夏野菜酔いに添うする鉢一つ

[ 作者名] 村上 美代子
[ メッセージ ] 我が家では自家栽培の野菜で主人がお酒を楽しんでおります、鉢に盛った野菜で酔いが進みます

2014-08-26 13:45:12に投句

夏野菜

快音を夏銀傘や敦賀気比

[ 作者名] 吉田進一
[ 俳句本文 ]
[ メッセージ ] 敦賀気比高校が地元なので久しぶりに俳句を作りました。

2014-08-26 13:16:32に投句

蜃気楼海の向こうに謎の島

[ 作者名] 小林 輝(ひかる)
2014-08-21 20:11:58に投句

かぎろいのコメント

この中では、村上美代子さんの『夏野菜酔いに添うする鉢一つ』が一番良いと思いました!

一見、夏野菜が主役のように感じますが、晩酌を楽しむための添え物であるというのが、味わい深いです。お酒という言葉一切出てこないので、想像力を巡らさないと意味に気づきにくいですが、意味に気づいた時には、おもわず膝を打ちました。

吉田進一さんの「快音を夏銀傘や敦賀気比」は、リズムがとても良かったのですが、福井県敦賀市の人ではないと敦賀気比が学校名だとわからず、困惑してしまうと思います。俳句に固有名詞使うのは、結構難しいです。正岡子規の「柿食ば鐘が鳴るなり法隆寺」のように、有名なお寺の名前を使うのなら、多くの人に理解してもらえますが、マイナーな地名だと、ほとんどの人に意味が理解してもらえないという欠点があります。

小林輝さんの「蜃気楼海の向こうに謎の島」は、夏をイメージしておられるのように感じましたが、蜃気楼は春の季語なので、お間違えのなきよう。海は夏の季語のように勘違いしやすいですが、これは現代の感覚であって、海は季語ではありません。私も伊豆を旅行した時に、霧の向こうに島が見える光景を目にしたので、おっしゃりたいことはよくわかります。ぼうっと島が見えるけれど、詳細がわからないというのは想像力を掻き立てられますよね。

画面の前のあなたは、どれが一番よい句だと思いましたか? コメントをいただけるとありがたいです!(選句にご参加ください)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

▼管理人かぎろいのツイッターのフォローをお願いします。

スポンサーリンク

コメント

  1. 松本 保 より:

    、<夏野菜酔いに添う鉢一つ>に関するコメント
     瑞々しい生野菜を酒の肴にとても酒がおいしそうな気がします

    <快音を夏銀傘に敦賀気比>に関するコメント
     高校野球で敦賀気比は大活躍しましたが球児たちの熱戦ぶりが銀傘に乗り移っています

    <蜃気楼海の向こうに謎の島>に関するコメント
     蜃気楼がみられるのは夏に多いと思いがちです。また海も夏のきごうと勘違いする可能性があります。

  2. 吉田進一 より:

    快音を夏銀傘に敦賀気比

    甲子園球場には銀傘があるので金属バットの快音がテレビから伝わってくることを始めて知りました。
    銀傘って、いい言葉ですね。
    今後ともよろしくお願い致します。