2017-12

お知らせ

俳句と犬の意外な関係。俳句は犬筑波集から生まれた。

猫は「猫の恋」「孕み猫」「子猫」「竈猫」といったように、季語として使われることが多いですが、犬の季語は「猟犬」(冬の季語)しかありません。 それでは俳句と犬の関係はあまり深くないのかと思いきや、実は、1500年代の室町時代後期に山崎宗...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました