初めての俳句です、添削お願いします。

掲示板の使い方・利用規約 フォーラム 俳句の感想交換掲示板 初めての俳句です、添削お願いします。

このトピックには7件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月、 3 週間前 まひる さんが最後の更新を行いました。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3471 返信

    まひる

    評価と添削していただけたら嬉しいです。
    夏の沖縄をテーマに詠みました。

    アブチラガマ 日傘の下の 吾子が泣く

    第二次世界大戦時、沖縄の防空壕では「泣く赤子がうるさいから殺してしまえ」と日本兵に言われたというような話があります。
    ・暗いガマに入るのを怖がって泣いている子供と、その話が重なった親の気持ち
    ・沖縄の明るく痛いほどの日差しの下には重く暗い影がある
    上記の二つを表現したかったのですが出来ているでしょうか。 お手柔らかによろしくお願いします。

    #3472 返信

    輝久

    まひる様、初めまして。
    戦争と言う悲しい事実ですね。昨今もどうなる事やら・・・のきな臭さ。

    「ガマへ向き泣く児を隠す日傘かな」

    投稿の意に添って直してみましたが・・・私も初心者ですのであまり上手く出来てません。
    ただ感じた事は、「日傘の下の吾子が泣く」ですと少し散文的な表現ですし、季語の「日傘」の力が弱くなっている様気がします。

    #3473 返信

    ハオニー

    お初にお目にかかります、ハオニーです
    私は沖縄へ行ったことがないため、行ったことある人よりは実感が湧かないかもしれません

    暗いアブチラガマに入るのを嫌がる子供の姿
    →日傘の下で子供が泣いているところは分かるけれど、入るのを嫌がっているとは想像しづらい

    その話が重なった親の気持ち
    →親が日傘の下にいたのか?となる
    子供が日傘をさしていると読めた

    沖縄の日射しの下に広がる重く暗い影がある
    →全体的に不穏な句

    アブチラガマと聞いて、釜の名前と私のように誤解した人は少なからずいると思います
    糸数壕(アブチラガマ)とルビを振ると理解しやすくなるでしょう
    壕という漢字のおかげで沖縄の言葉と分からなかった人にも戦争かな?と想像出来るようになります

    そして吾子というのは「我が子」という意味です
    その吾子が実際にアブチラガマに入ったという句ではないのなら、「吾」という字は誤解を生むから不要です

    長くなりそう後半へ続く←

    #3474 返信

    ハオニー

    懸念していた点に大きく手を入れてみました
    泣きじゃくる子と夏の日の糸数壕(アブチラガマ)

    #3475 返信

    松田文女

    はじめまして。

    私は、俳句初心者です。
    沖縄の、痛い過去を充分感じる句に、感動しました。

    アブチラガマ隠す子らにも花薺

    #3476 返信

    まひる

    輝久さま、初めまして。
    確かに見返すと日傘より吾子が強く残りますね。
    「隠す日傘かな」の表現は思わず膝を打ちました、とても好きです。
    添削ありがとうございました。

    #3477 返信

    まひる

    ハオニーさま、初めまして。
    私は沖縄出身なので日傘=女性観光客という先入観があるのですが、これは誰にでも伝わる表現ではないのですね。
    上記の理由で吾子と日傘を並べることで母親の人物像が浮かんでくるかな?と思ったのですが…
    全体的に読み手を慮る配慮が足らないようで精進致します。
    添削ありがとうございました。

    #3478 返信

    まひる

    松田文女さま、初めまして。
    表現したいことを受け取っていただけて嬉しいです。
    感動の言葉は初心者の私には恐れ多いお言葉です…
    添削の句、なぜナズナの花なんだろう?と色々調べたり考えたり出来て余韻が楽しめました。
    添削ありがとうございました。

8件の投稿を表示中 - 1 - 8件目 (全8件中)
返信先: 初めての俳句です、添削お願いします。
あなたの情報:




スポンサーリンク