茄子の馬で俳句を詠みませんか?

掲示板の使い方・利用規約 フォーラム 俳句の感想交換掲示板 茄子の馬で俳句を詠みませんか?

このトピックには20件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 ヶ月前 ハオニー さんが最後の更新を行いました。

6件の投稿を表示中 - 16 - 21件目 (全21件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #3301 返信

    佐東亜阿介

    酔いどれ防人さま、俳句ポストの牛舎の句、のどかで素敵でした。

    拙句の鑑賞、ありがとうございます。
    思春期のころは滅多に会わない都会からきた年頃の従姉妹が眩しくて眩しくて。
    「頬」としたのは、控え目に詠んだのであって、うなじだったり、胸だったり。
    浅ましいですね。

    心地良き流れに太き茄子の馬

    以前はお盆のお供え物は川に流すものでした。
    今は環境問題などで禁じられますが、昔のお供え物は腐敗して自然に還るものばかりだったので、問題なかったと思います。
    川に流したお供え物は、ご先祖が霊界に持ち帰り、お土産品として霊界のお仲間に配るとか。
    そのお供え物の中にも、太い茄子の馬が立派に載っている景が見えました。

    #3303 返信

    腹胃壮

    佐東亜阿介さん、こんばんわ。

    やっぱりあの句は親戚が集まった場のようですね。

    ただ自解の後に

    心地良き流れに太き茄子の馬

    だと一瞬破礼句かと思い・・・

    ごめんなさい。

    #3310 返信

    酔いどれ防人

    皆様今晩は。佐東亜阿介様、俳句ポストの感想ありがとうございます。私は万年並選でして、毎回投稿しようと思っても、句が思いつかない時もあります。その中で人選以上の方の句は、発想の豊かさ、季語を最大限活かす術を持っていると思います。佐東様も人選の2句誠におめでとうございます。私は特に
    『蜩や眉間の皺を彫る仏師』
    が好きです。仏師の真剣な様、緊張の表情が伝わってきます。その中で御構い無しに鳴く蜩、最早、仏師は無心の境地なのですね。
    私の茄子の馬の句は、破礼句ではありませんが、そういう視点もあるという点は非常に参考になりました。腹胃壮様ありがとうございます。

    #3312 返信

    大須賀一人

    酔いどれ防人様、コメントに気付かず返信の遅れて申し訳ありません
    >茄子の馬の右の棒の先の宙
    この句は「の」がいっぱいあったらたのしいな、という適当な発想で作った句で
    茄子の馬の右前脚の棒の先が宙に浮いているよ、という句になります。
    想像力豊富、哲学的なのはむしろ酔いどれ防人様の方であり、
    がっかりさせたら申し訳ありません

    ・自己添削
    前/迎馬孫の笑顔てふ道標
    後/迎馬孫笑顔てふ道標

    上の句は道標はドウヒョウで、下の句はミチシルベとなります
    どうしても「の」は消せないと句跨りにまでしたにも関わらず
    一週間経てばあっさりと消せるのが人間の不思議な所です

    #3394 返信

    楠岳暁

    もう、お盆は過ぎてしまいましたし、遅すぎますが、中学のときに授業で作った句を思い出しました。

    来てじいじナスのお馬でねえ早く

    幼稚ですよね(笑)

    #3460 返信

    ハオニー

    あしもとの高き茄子の牛笑う

6件の投稿を表示中 - 16 - 21件目 (全21件中)
返信先: 茄子の馬で俳句を詠みませんか?
あなたの情報:




スポンサーリンク