にゃーの575/猫川柳・俳句

根子屋小太郎さんの投句一覧・全28句最新の投句順の1/3ページ目

ランク: 猫6段 合計得点:15

川柳・俳句 点数
猫おればふん落つるなり秋の暮
点数:0点
名を呼べば仔猫しっぽで振り返り
点数:0点
佳作冬の猫アンモナイトへ進化せり
点数:6点佳作入選!
不思議なり仔猫たちまち雲隠れ
点数:0点
昼寝覚の猫にせがまれ外へ出し
点数:0点
ふみふみは母の想い出こねこかな
点数:1点
猫と貝アンモナイトの末裔か
点数:0点
うららかや猫と一緒の昼寝かな
点数:0点
猫の宴蛙なぶりて円となる
点数:0点
よく見てとトイレの前でこねこ鳴く
点数:1点

▼川柳・俳句を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ