にゃーの575/猫川柳・俳句

鷲巣利雄さんの投句一覧・全1079句最新の投句順の1/108ページ目

ランク: 猫神様129冠王 合計得点:535

川柳・俳句 点数
初午や猫は路地裏はなれたり
点数:0点
強東風や小暗き路地に猫まの子
点数:0点
木に登りおりられぬ猫いと惨め
点数:0点
寒弛み日向に猫が眠りをり
点数:0点
足元にまた来てをりぬ孕猫
点数:0点
拙宅にまた来てをりぬ春の猫
点数:0点
大声に子猫惑ひて椅子の下
点数:1点
猫逝きて消えぬ柱の傷の跡
点数:0点
叱られてどこ吹く風の子猫たり
点数:0点
お馴染みの朝にまた来る浮かれ猫
点数:0点

▼川柳・俳句を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ