にゃーの575/猫川柳・俳句

鷲巣利雄さんの投句一覧・全696句最新の投句順の1/70ページ目

ランク: 猫神様67冠王 合計得点:350

川柳・俳句 点数
猫飼ひて情けも山も動かざる
点数:0点
行春や高枕せる猫まの子
点数:0点
肉串(ししくし)ろ熟睡(うまい)の子猫覚め遣らぬ
点数:1点
春深し猫二三匹差し集ふ
点数:0点
烏羽玉の夜半にさざめく猫の恋
点数:1点
食皿に親猫子猫顔うめて
点数:0点
朝まだき孕猫まを路地に見る
点数:0点
猫の子の閨にまだ居て動かざる
点数:0点
午後よりは猫と遊んで石鹸玉
点数:0点
ささめごと猫に通ぜず風光る
点数:0点

▼川柳・俳句を検索する

▼ユーザーを検索する(投稿者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ

川柳サイト

短歌サイト