IT俳句会(投句&選句広場)

俳句 点数
秋山の煙北へと流れつつ
点数:0点
霧あけて白くけぶるや山の峰
点数:0点
故郷の柿の木坂や駅三里
点数:0点
汐風に晒されてかな柿甘し
点数:0点
ひと休み干したシーツに秋茜
点数:0点
主無きや家の気澱み秋の月
点数:0点
採る人の無き柿の木や撓わなり
点数:0点
花ござに仰向けに寝る香り良さ
点数:0点
秋雨に花にとどかず袖濡らす
点数:0点
貴女送り秋空高く心空く
点数:0点

▼俳句の添削依頼

▼先月のお題ランキング

▼俳句を検索する

▼俳人を検索する(投句者)

▼俳句を投稿する

現在のお題『柿』または自由


投稿された俳句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ