にゃーの575/猫川柳・俳句

川柳・俳句 点数
富める家の二匹の仔猫良良じ
点数:0点
鉢の子は猫の食器となりにけり
点数:0点
飛び跳ねて猫逃げ回るキュウリかな
点数:0点
てでむしがいでくもこねこもてあます
点数:0点
猫爪を研ぎ傷付くや床柱
点数:0点
此の仔猫体の割りに敏く猛り
点数:0点
ボス猫が来たりて所去る仔猫
点数:1点
仔猫病み思案涙に胸つまる
点数:0点
三寸のまな板見抜く野良ねこま
点数:0点
ありあけの庭に野良猫此方見たり
点数:0点

▼川柳・俳句を検索する

▼俳人を検索する(投句者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ

川柳サイト

短歌サイト