にゃーの575/猫川柳・俳句

川柳・俳句 点数
台風に猫は朝から毛繕い
点数:0点
午前二時チュールくれろと猫が噛み
点数:2点
爽籟や猫が見つめる風の道
点数:1点
秋涼し前足隠しつちのこ寝
点数:0点
猫尻にネズミ捕り紙付き給う
点数:0点
目を閉じて猫が聞き入る秋の声
点数:0点
カラス来た子猫飛びつくガラス越し
点数:0点
小鳥来る猫が見つめるベランダに
点数:0点
我ひとり猫を相手に新酒酌む
点数:1点
我が膝に猫が居座る秋の暮
点数:1点

▼俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

▼川柳・俳句を検索する

▼俳人を検索する(投稿者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ