にゃーの575/猫川柳・俳句

川柳・俳句 点数
冬草や猫も時折屁を放きて
点数:0点
彼の長詫び血にじむ爪切り猫あくび
点数:0点
暖房の最前列に並ぶ猫
点数:1点
雪降りて何処の家行く猫談義
点数:1点
吾と猫暫時極楽日向ぼこ
点数:1点
窓の外自由を謳歌冬の猫
点数:1点
立ち留まりまた振返る野良の猫
点数:1点
毛皮着ても冬は寒しと炬燵ねこ
点数:0点
ちゅるちゅると猫の為なら吾もまた
点数:1点
擦り寄れば以心伝心猫の髭
点数:0点

▼俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

▼川柳・俳句を検索する

▼俳人を検索する(投稿者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ

川柳サイト

短歌サイト