にゃーの575/猫川柳・俳句

川柳・俳句 点数
嵐吹く閨の仔猫は動ぜずや
点数:0点
病伏すも仔猫出で来て心和ぐ
点数:0点
猫の子が我に睦れて愛しや
点数:0点
猫死にて柱の傷がいと空し
点数:1点
月をみて、寝転ぶ黒猫、腹踊り
点数:0点
人間の赤ちゃん触り目を丸く
点数:0点
仔猫鳴く別れる母は雌となり
点数:0点
ときめきはほんの数日猫の恋
点数:0点
野良猫は蛙と対峙苛立ちぬ
点数:0点
野良猫は主顔して住み着きぬ
点数:0点

▼川柳・俳句を検索する

▼俳人を検索する(投句者)

▼川柳・俳句を投稿する


投稿された句はtwitterでも紹介されます。こちらのアカウントをフォローをしていただけるとありがたいです。
ページの先頭へ

登録情報の変更、お問い合わせ

俳句関連コンテンツ

川柳サイト

短歌サイト