大賞・秋空と心温まるお芋さん/3句だけ俳句コンテンスト

この記事は約2分で読めます。

大賞・秋空と心温まるお芋さん

[ 作者名 ] 刹那
[ メッセージ ] 寒い日や、秋などは 焼き芋が恋しくなるんで。
そんな様子、俳句にしました

2014-11-20 10:05:39に投句

秋の芋

佳作・橙の蜜柑剥きつつ過ごす午後

[ 作者名 ] 菊川玲司
[ 俳句本文 ] [ 季語 ] 冬

2014-11-23 22:14:21に投句

蜜柑

入選・湯けむりにランプの照らす紅葉かな

[ 作者名 ] 遠藤 泰介
[ メッセージ ] 東北のランプの宿に旅しました。夕暮れの露天風呂、ランプの光に浮かぶ紅葉の色が鮮やかでした。

2014-10-23に投句

温泉

かぎろいのコメント

今回の『3句だけ俳句コンテンスト』の大賞受賞作は、刹那さんの『秋空と心温まるお芋さん』です!

作者さんの性格や想いがにじみ出た、シンプルながらとても温かい気持ちになれる句です。俳句では、作者の想いをあまり込めすぎてはいけず、かといって、単なる事実の羅列にしてもツマラナイというジレンマがあります。この句は、自分の気持ちをストーレートに表現した上で、それが嫌味にならずに、読者にほっこりとした想いを抱かせている点がスゴイな、と感じました。

菊川玲司さんの『橙の蜜柑剥きつつ過ごす午後』は、とてものんびりした風情のある良い句なのですが、上五の『橙』が蛇足のように感じられました。蜜柑はだいだい色をしているものなので、わざわざ橙の蜜柑と詠む必要はありません。

遠藤さんの『湯けむりにランプの照らす紅葉かな』は、一句の中に言葉を盛り込み過ぎて焦点がボヤけているかな?と感じました。伝えたいことはわかるし、よく咀嚼すれば美しい情景が浮かんできますが、「湯けむり」「ランプ」「紅葉」と、次々に句の焦点が移っていくので、ちょっと何が言いたいのかわかりにくい感じがしました。

また、下五の「紅葉」は、もみじと読むにしても、こうようと読むにしても、「紅葉かな」で字余りで、リズムが悪くなってしまっています。

画面の前のあなたは、どれが一番よい句だと思いましたか? コメントをいただけるとありがたいです!(選句に参加ください)

タイトルとURLをコピーしました