大賞・茄漬けの紺の染み込む布目皿/3句だけ俳句コンテンスト

この記事は約2分で読めます。

大賞・茄漬けの紺の染み込む布目皿

[ お名前 ] あご

2014-12-18 14:10:31に投句

夏野菜

佳作・友の絵を観て短日の通り雨

[ お名前 ] りんご
[ メッセージ ] 知人の絵を観て会場から出たら既に暗くなり
おまけに通り雨に会ってしまった

2014-12-16 09:58:12に投句

入選・雪見風呂故郷想う一人旅

[ お名前 ] 梅子
[ メッセージ ] 冬の温泉
1人でのんびり浸かっていると、目の前には雄大な雪景色

それを見て故郷に想いを馳せている

そんな一句です。

2014-12-07 14:09:09に投句

温泉

かぎろいのコメント

今回の大賞は、あごさんの『茄漬けの紺の染み込む布目皿』です!

ナス漬けを布目皿の上に置いたら、ナス漬けの紺色がお皿に付いてしまったという、普段の何気ない日常を良く観察して作られています。この何気ない感じなのに、茄子の存在感や生命力を感じさせるとても良い句だと思います。

難点を言えば、投句されたのは12月、ナスは夏野菜なので、できれば季節に合った季題を選ばれた方が良いでしょう。その方が、作ってすぐにどこかに発表した際に、他の方の共感を呼びやすいです。冬なのに夏の俳句を見せられると、現在、ナスが見られない状態なので、共感しにくくなります。

りんごさんの『友の絵を観て短日の通り雨』は、読後感があまり良くない感じがしました。友の絵を観たら、すっかり暗くなって雨まで降ってきてしまった。それだけ友の絵がよかった、という意味です。暗くなるまで見るほどおもしろかった、というのはポジティブな印象を受けますが、その後に「通り雨」と続いており、暗くなった上に雨まで降ってきた、という作者のネガティブな気持ちがどうしても強く出てしまっています。

また、通り雨とは夏の季語です。冬に詠むのであれば、やはり冬の季語を入れた俳句のほうが良いでしょう。

梅子さんの『雪見風呂故郷想う一人旅』は、意味はとてもわかりやすくてよかったのですが、おもしろみに欠けます。なんらかの作者独自の視点が入っているとよかったと思います。

画面の前のあなたは、どれが一番よい句だと思いましたか? コメントをいただけるとありがたいです!(選句に参加ください)

タイトルとURLをコピーしました