大賞・思はざる出来事残し年も暮/3句だけ俳句コンテンスト

この記事は約1分で読めます。

大賞・思はざる出来事残し年も暮

[ お名前 ] 雑魚人
[ メッセージ ] 今年も色々な事がありました。その中に越年する出来事がありました。何とも腹の虫の収まらない出来事です。

2014-12-20 15:08:38に投句

年越し

佳作・人生をなお拓きつつ初日の出

[ お名前 ] 平田助太夫

2014-12-22 03:04:01に投句

入選・雲払う闇夜に光る青い月

[ お名前 ] シャンテー
[ メッセージ ] 強い風が吹き、背を丸めて歩いているとき、ふと空を見上げた時、の状況を詠む。

2014-12-20 17:29:06に投句

青い月

かぎろいのコメント

今回の大賞は、あごさんの『思はざる出来事残し年も暮』です!

嫌なできごとを次の年に引きずっているという意味では、読後感がよくありませんが、作者の重々しい気持ちがよく現れています。

平田助太夫さんの『人生をなお拓きつつ初日の出』は、前向きな気持が出ていて良かったです。

シャンテーさんの『雲払う闇夜に光る青い月』は、リズム感が良いのですが、陳腐な印象が否めなかったです。もう少し、作者独自の視点が入っていると、よかったと思います。

画面の前のあなたは、どれが一番よい句だと思いましたか? コメントをいただけるとありがたいです!(選句に参加ください)

タイトルとURLをコピーしました