冬の俳句

春の俳句

大賞・沈丁花マスクの鼻もところ知る/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・沈丁花マスクの鼻もところ知る 百々 まだ寒い季節の変わり目に春を感じた瞬間をよんだ。 2015-03-11に投句 佳作・冬の杜木立を抜けし木漏れ日よ 田部佳子 寒い冬空に、時折、弱い太陽が森に生えてい...
春の俳句

大賞・赤き実を残せし冬のハナミズキ/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・赤き実を残せし冬のハナミズキ 坂口 明 よろしくお願いします。私は、山形県米沢市に在住している者ですが、毎日1時間の散歩をしています。街路樹にはハナミズキがあり、雪の被った梢にまだ赤い実をつけているのに驚きました。 そろ...
春の俳句

大賞・鈴の音や花に隠れし遍路かな/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・鈴の音や花に隠れし遍路かな 松下孝裕 春 遍路の季節は春と秋ですが季語は春になり桜の盛りの頃。 花の色とお遍路の装束が溶け合ってお遍路が隠れたように見えるときがあり鈴の音だけ、が遍路の存在を知らせるかのような情景を俳句...
冬の俳句

大賞・「重いなあ」彼の笑み足に毛布猫/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・「重いなあ」彼の笑み足に毛布猫 マイケルの母 夫が雄猫をかわいがっており、ソファーで寝ころぶと よく猫がその上に乗り寝始め、双方とも幸せそうにしている様子を切り取りました。 勉強していきたいので、ご批評をよろしくお願...
冬の俳句

大賞・冬の陽の船漕ぐ母に目を細め/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・冬の陽の船漕ぐ母に目を細め 田中啓子 冬の晴れた日に南側のベランダからの暖かな陽射しを受けウトウトと眠っている年老いた母の姿を観て愛おしく思う気持ちを表現しました。 俳句を学ぶことが今年の目標に致しました。 仕事をし...
冬の俳句

大賞・初編みのセーター今も色淡く/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・初編みのセーター今も色淡く 黒竹 編み方も知らなかった43年前22歳の思い出を詠みました。 初めて編んだ手編みのセーターは初恋の人のでした。 手編みのセーターと言うといつも思い出します。 いい年をして恥ずかしいので...
冬の俳句

大賞・雪遊び笑う子供と我が膝よ/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・雪遊び笑う子供と我が膝よ こげぽん 先日関東でも初雪が降ったので詠んでみました。 雪遊びではしゃぐ子供の声とと寒さと雪の中を歩んだ疲れから笑う自分の膝を掛けました。 2015-01-08 02:13:54に投句 ...
冬の俳句

大賞・ほろ酔ふや雑煮に踊るはなかつを/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・ほろ酔ふや雑煮に踊るはなかつを 唐辛子 かぎろい様 いつも楽しみにさせていただいております。 三が日の風景に一句できました。 年酒をいい気持でのんびりとやったあとに、頂いた雑煮に振りかけられたはなかつをがちょうど手...
冬の俳句

大賞・雪まばゆし動けぬ自転車後押しし/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・雪まばゆし動けぬ自転車後押しし 三登子 2回目の投句です。 よろしくお願いします。 大雪の翌日、晴れていましたが、車通勤をあきらめ、4km弱を徒歩で出ました。 歩道橋の階段を、自転車を引いて上がっていた女子高生がい...
冬の俳句

大賞・思はざる出来事残し年も暮/3句だけ俳句コンテンスト

大賞・思はざる出来事残し年も暮 雑魚人 今年も色々な事がありました。その中に越年する出来事がありました。何とも腹の虫の収まらない出来事です。 2014-12-20 15:08:38に投句 佳作・人生をなお拓きつつ初日...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました