下手な俳句を作らないための8つのコツ。

  • 季語一つ
  • 動詞一つ
  • 切れ一つ
  • 三段切れを避ける(二か所に切れが入り、一句が三つの部分に分かれたような俳句)
  • 個人的感情や感想の表現を避ける
  • 意味の重複する言葉をギリギリまで削る
  • 中八を避ける(五七五の真ん中が八音になること。もっともいけない字余りとされる)
  • 助詞の「でばがには」を避ける

以上8つをきちんと守っていれば、下手な俳句になることはありません。それなりに見栄えのする俳句になります。

それと普段から多読多作を心掛けましょう。
とにかくたくさん俳句を作って、たくさん捨てるのが良いです。

松尾芭蕉が残した俳句で確認されているモノは982句あるそうです。
でも、名句とされているのは10句くらいなので、俳聖と呼ばれた人でも、あまりうまくない句をいっぱい作っていたことがわかります。

たくさん作っていれば上達し、良い句が作れる可能性もあがっていきます。

スポンサーリンク