上手な俳句ができる!推敲の5大ポイント

1・季語のチェック

  • 季語を別の物に置き換えをしたほうが良いか?
  • 無季語俳句の場合、本当に季語を必要としないか? 入れる余地がないのかを検討
  • 季語の説明をしていないか ?

2・言葉、語彙のチェック

  • 語彙の重複はないか? 重複表現は削る。
  • 語順の入れ替えを試みる。
  • 常套句・手垢の付いた語句がないか?
  • 漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字・数字などの表記が効果的か?
  • 声に出してみてリズム感があるか?
  • 助詞の使い方は適切か?置き換えてみる

3・切れ字のチェック

  • 切れ字を2つ使用していないか?
  • 切れ字を本当に必要としているか?

4・その他、基本のチェック

  • 字余りは上五に持ってくる方が納まる
  • 2つ以上の動詞を極力避ける
  • 下五を極力名詞(体言)にする
  • 下五が動詞の場合は終止形で言い切る

5・内容のチェック

  • もの、事の説明・報告に終わっていないか?
  • 言いたいことが現れているか、あるいは出過ぎていないか?
  • 読者が想像できる余地があるか?
  • 過去の俳句に類句・類想句がないか?他の俳句に酷似していないか?
  • 最後に自分で納得したか ?

スポンサーリンク